【エコ生活】鍋フライパンの焦げ付き

index10
☆ステンレスの鍋の軽い焦げ付き
鍋に水と酢大さじ2~3杯を入れてしばらく煮立たせます。
冷めてからスポンジで水洗いするだけできれいになります。

☆頑固な焦げ付き
焦げた部分が見えなくなるまで重曹を振りかけて、さらに水(お湯はダメです)を数センチの高さまで入れます。
鍋やフライパンを火にかけて沸騰させたら、火を止めてそのまましばらくおいておきます。
焦げが浮き上がってきたら、スポンジなどでこすり洗いをします。

*熱湯に重曹を入れると、吹きこぼれることがあるので注意してください。
*アルミ製の鍋に重曹を使うと、黒く変色するので使えません。


☆油汚れ
鍋肌にカレーなどの油汚れが付いた場合は、まず重曹を鍋肌に振りかけておきます。
30分ほど経つと汚れが浮き上がってくるので、ペーパータオルなどで拭き取ります。


☆鉄製フライパンの油汚れ
フライパンに塩を大さじ1杯くらい入れて、ボロ布やペーパータオルなどでこすると汚れが落ちます。
フライパンを強火で空焼きをします。付いていた油が燃えて煙が出るので、充分に換気をしてください。
その後冷めるまでおいておき、ナイロンたわしなどでこすり落とします。

コゲが付いたときにすぐに行うようにすると、こびり付きを防止できます。

そうすることで買い替えしなくても長持ちしたり、高い洗剤を買わなくてもよく経済的です。



練馬区のおそうじ・家事代行・住まいのことなら

おそうじ本舗・マイ暮らす 富士見台店へ

お問い合わせはこちら