洗濯機の選び方 縦型?ドラム式?

index21
洗濯機を選ぶ時に悩む、縦型&ドラム式のメリット&デメリットを調べてみました

縦型

従来の主流タイプ。タテ型の水槽に水を貯めて、洗濯槽底のパルセーターを回転し、うずまき状の水流で洗濯する方式。

水が豊富で軟水(洗剤が良く泡立つ)の日本には適しています。

たくさんの水で洗剤を泡立てて、頑固な汚れもしっかり落としてくれます。

【メリット】

・多くの水を溜めて洗うため、洗剤が泡立ち洗浄力が高い

・本体価格が比較的安く、サイズが小さめ

・対応容量が多く選べる

・衣類が傷みにくい


【デメリット】

・乾燥機能は、ドラムより衣類がシワになりやすい

・大物衣類は出し入れしにくくなりがち

・節水性はドラムより劣る


ドラム式

ドラムが回転し、洗濯物を持ち上げては落下させて洗う“たたき洗い”の方式。衣類が空気に触れやすい為、乾燥が得意です。乾燥機能を頻繁に使いたい方には特におすすめのタイプとなります。

【メリット】

・衣類を風で舞わせながら効率的に乾燥できる

・水道代が節約できる

・一般的な「斜めドラム」なら、洗濯物が出し入れしやすい

・干す手間が省ける

・天気を気にしなくて良い

・花粉症の時期に良い

・布団・毛布の洗濯も家でできる

・就寝前にセットすれば起きたら仕上がっている

・衣類の在庫を減らせる



【デメリット】

・洗浄機能は、縦型より衣類が痛みやすい

・本体サイズが大きくなりがち

・音がうるさい

・手入れが面倒

・コストが掛かる


https://i1.wp.com/www.kurasinositen.com/wp-content/uploads/2015/08/afwefrfrregfergf.png


自分が一番重視したいので選ぶと良いですね


練馬区中野区のおそうじ・家事代行・住まいのことなら


おそうじ本舗&マイ暮らす 富士見台店へ


お問い合わせはこちら