防災に対する備え【トイレ偏】

acc5397728e1a6a52f27460a05093632
前回まで飲食の備蓄の話をしました。

次に誰しも必要となるのが


トイレです。

「水が止まって流せない」「下水管が破損し汚水が流れでる」など、災害時にはトイレが使えない状況が想定されます。


トイレを流すのに必要な水は約8~10Lです。


水道が使えない場合(下水道使用可能時)、水洗トイレを流すためには、


水を調達してバケツなどで直接便器内へ流します。タンクで流すよりも節水効果があります。


下水道が使えない場合は、水洗トイレは使わずに、非常用トイレなどを使用するようにしましょう。



携帯トイレ➡断水や排水不可となった洋式便器等に設置して使用する便袋(し尿をためるための袋)を指します。

簡易トイレ➡し尿を単に溜めるタイプ、し尿を分離して溜めるタイプ、電力を必要とするタイプがあります。





ご家族の人数に合わせご用意ください。

また数が足りなくなった時に備えて、

トイレに被せられる大きさの45ℓゴミ袋。
新聞紙等の吸い込ませる紙類。
消臭剤
オムツ、紙ナプキン、尿漏れパッド

を用意しておくと安心です。


携帯トイレは100円ショップにもありますので、ポーチに1個でも入れておくといざという時に安心です


トイレは掃除、整理されていますか?

トイレは小さな個室で、おそうじは勿論、片付けや模様替え、リフォームがしやすい場所です。

是非、毎日気にかけて下さい。


練馬区のおそうじ・家事代行・住まいのことなら

おそうじ本舗&マイ暮らす 富士見台店へ



お問い合わせはこちら